ようこそNeXEHRS研究会
 HL7FHIR日本実装検討WGへ

HL7FHIR 日本実装検討WGの参加者募集案内

JAMI NeXEHRS課題研究会(正式名:次世代健康医療記録システム共通プラットホーム研究会)では、このたび「HL7FHIR 日本実装検討WG」(作業班)を設置し、以下のようにWGミーティングを開催します。
本WGはHL7FHIRの単なる勉強会ではなく、日本で実装を進める上で必要なExtensionやValue Setなどを頻用UseCaseごとに具体的に決定していき、その文書化を進める作業を行う作業班(Working Group)です。関心のある方、ボランティア作業をされる方々の参加を期待しております。勉強をしながら、そのうち作業を手伝ってもよいという方も是非ご参加ください。
 なお本WG活動は日本HL7協会(会長:浜松医科大学 木村通男教授)とJAMI HL7FHIR研究会(代表:東北大学 中山雅晴教授)と連携して実施され、成果物は本研究会で公表されるとともに、一部は同協会文書として公表していきたいと考えています。

■ WGメンバー登録・WGミーティング参加申込み
氏名、メーリングリストとSlackシステムに登録するメールアドレス、所属、JAMI会員の別、医療資格ありの場合のその資格名 などの情報とともにoffice@hl7fhir.jp あてにメールで申し込んでください
■ 上記登録済み参加者によるWGの議論はSlack (https://hl7fhir-jp-wg.slack.com)へアクセスしてください。

■ WGの資料は右サイド新着情報に掲載しています。第3回WG以降は会員限定パスワードが必要(Slack #資料倉庫 を参照)
2020年WG日程
  ■第8回WGミーティング 1月27日(月)17:30−19:30 会場C
  ■第9回WGミーティング 2月18日(火)14:00−17:00 会場C
  ■第10回WGミーティング 3月13日(金)16:00−19;00 ★Web ZOOMでのみ開催します。東京都内および近県から参加するSWGリーダ・サブリーダで東大病院管理研究棟4F(企画情報運営部会議室)に来ることを厭わない方は集合ください。それ以外の方はWeb参加でお願いします。会場Cは今回開場しませんのでご注意ください。
ZOOMアクセス情報はSlack #generalを参照ください。

会場A: 東京大学医学部 教育研究棟 13F  678 セミナー室(全体WGは第6セミナー室)
      https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_09_j.html
      https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/campus-guide/map01_02.html
会場C:東京大学医学部附属病院・南研究棟3F「鉄門臨床講堂」  
     ★注意 東大医学部には「鉄門記念講堂」という似た名前の別の講堂が教育研究棟14Fにありますので間違えないようにしてください。
     https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_09_j.html
    ※会場は3Fで、バス通りに面する正面玄関は2Fとなっています。正面玄関入って階段を上がって下さい。18時以降は入り口向かって建物左側の珈琲店脇(1F)から入って正面玄関内側に回って3Fにあがってください。
会場D:T-CATホール(東京シティ・エアーターミナル内)部屋番号は9/30現在未定)(〒103-0015   
     東京都中央区日本橋箱崎町42番1号1F 地図PDF
     http://www.tcat-hakozaki.co.jp/floorguide/hall.html

会場は毎回変更となることがありますので、参加前日には必ずこのHPをご覧ください。

■ HL7FHIR-WGでは次のサブワーキングで分担して作業を行うことになりました。
SWG1:
    FHIR Infrastructure
        リーダ:㈱ファインデックス 宮川  力
        サブリーダ:㈱ケーアイエス 小西  由貴範
        サブリーダ:東京大学 三谷  知広
SWG2:
    Diagnostics and Observaiton
        リーダ:キヤノンメディカルシステムズ㈱ 塩川  康成
        サブリーダ:㈱ケーアイエス 田中  教子
SWG3:
    Patient Administration
        リーダ:日本電気㈱    檀原  一之
        サブリーダ:東京大学 土井  俊祐、インターシステムズジャパン㈱ 上中進太郎
SWG4:
    patient care and summary
        リーダ:東京大学 河添悦昌
        サブリーダ:山口大学 石田 博
SWG5:
    pharmacy and medication
        リーダ:京都大学 小林  慎治
        サブリーダ:日本IBM 木村雅彦
SWG6:
    vocabulary and Terminology
        リーダ:東京大学 今井健
        サブリーダ:国立病院機構 堀口  裕正

SWG-SSMIX:
 SS-MIX2ストレージをアクセスするHL7FHIRアダプタ仕様を策定
   リーダー;SBS情報システム 中根
   サブリーダー:調整中

共催組織:JAMI HL7FHIR研究会(代表:東北大学 中山雅晴教授)
COI表示:本活動は一般社団法人日本医療情報学会、および東京大学・ソフトバンクの共同研究体の支援を得て実施しています

(参考)過去の終了したWG
  ■第1回WGミーティング 7月30日(火)
  ■第2回WGミーティング 8月 6日(火)
  ■第3回WGミーティング 8月20日(火)
  ■第4回WGミーティング 9月17日(火)
  ■第5回WGミーティング10月18日(金)
  ■
11月21日(木)NeXEHRSコンソーシアムと合同
  ■第6回WGミーティング11月27日(水)
  ■第7回WGミーティング 12月16日(月)